【ポイ活外伝】ロードモバイルと言う伝説のゲームをプレイした話

ポイ活

今回のポイ活記事は攻略レポートでは無く、過去にプレイした【ロードモバイル】と言う城ゲーに挑戦して深淵を覗いて来た時の話になります。
丁度、英雄王で手持ちのポイ活ゲーが尽きた為、ツナギとして投稿します。

このロードモバイルの記事は元々はmixiでプレイ日記として書いていたのですが
余りの闇の深さにドン引きコメントが多かった記憶があります。
またこのゲームは自分が初めて【ポイ活】に手を出した切っ掛けのゲームにもなります。

今のポイ活はピッコマでやっていますが、当時のピッコマはそういったキャンペーンはやっておらず、LINEマンが等はキャンペーンはやっていたのですがコインの配布量が少なかったです

当時は色々な漫画アプリを入れており、自分がプレイしたのはスクエニのマンガUPでした。
内容的には【城レベル15達成で6000コインプレゼント!】とかそんな感じだった気がします
こうして軽い気持ちでロードモバイルをインストールしたのが地獄への始まりでした

地獄の始まりー序章ー

今でこそ、ポイ活ゲーをプレイする時はプレイ前にググって難易度調査を行うのですが
当時は右も左も解らないひよっこ状態だったので完全に手探り状態で始めました

このBlogにポイ活記事目的で来て下さっている殆どの方は
「アナザーテイル 180」とか「ゴブリンスレイヤー 200」とかで来て下さってると思います
当時の自分も「ロードモバイル 城レベル15」とかで検索すれば良かったのですが、まぁいけるだろ。みたいな軽い感じで始めました

ロードモバイルの城レベル15の難易度ですが
城のレベルはMAX25までで今の案件だと18とか22が主流だと思います
25はカンストでそこそこ時間が掛かるので25設定はあんまり無いと思います
城レベル15だと城ゲーに慣れている人だと1週間も掛からない案件ですね

プレイ1日目~

ポイ活と城ゲーは切っても切れない関係ですが、ポイ活初心者でそもそもスマホゲー自体を殆どやってなかった自分は今までプレイした事の無いタイプのソシャゲだった事と新鮮さも合わさって
プレイ初日はレベルや施設もガンガン育っていく事もあってか
「このゲーム意外と面白いな」と言うのが初日の感想でした

ストラテジー系だと
SteamのCIV5をかなりプレイ(1100時間)している事もあり

Steam版Civ5のプレイデータ

この手のゲームなのが好きなのも合わさって楽しかったのは事実です。
また、軽く検索した所、120円パックはかなりお得なので購入したほうが良いと言う記事も見たので、丁度グーグルプレイの端数がそれくらい余っていたので120円パックを購入しました。
これが間違いでした

プレイ3日目

このゲームにはギルドが存在し
ゲームをプレイする上でギルドに加入は必要不可欠です

ギルドにはヘルプ機能が存在し
ギルドメンバーが建設中の建物のお手伝いをしてくれます
これが馬鹿に出来ない機能で、あると無いとでは天と地の差くらいの効果があります

初心者向けの攻略記事を見れば、大抵のサイトで
【ギルドは絶対に加入しよう】とか【初回120円パックは購入の余地あり?】とか書いていると思います

そんな訳でギルドにお邪魔する訳ですが
ギルド検索だと日本のギルドは存在しませんでした。
一応あるにはあるのですが、戦力制限が掛かっていたり、申請が許可制とかで入りにくい雰囲気もあり仕方無しに海外系だと思われる誰でも歓迎と英語で書かれているギルドにお邪魔する事にしました

人数は50人程とそこそこ居るのですが、生活圏がそもそも違うのでログイン時間もマチマチでヘルプ機能も全く活かされない状態です。
ロードモバイルと言うか、城ゲー全般に言えるのですがギルドのヘルプ機能は最重要機能です。
建設時間がヘルプ1回で1%短縮されます

上限はあるのですがギルドレベルが上がれば上限も20回とかに増えるので最大で20%短縮されます。
そもそも1%でも割とデカくて、施設のレベルが序盤~中盤だと大体1時間程度
1時間の1%ですから36秒程です
これが終盤の施設や城の建設になると平気で5日とか要求されます。

5日だと時間にして120時間。7200分ですから1%でも72分です。
それくらい重要なヘルプ機能ですが、50人規模の海外ギルドだとヘルプを出しても精々5回分溜まればいい方です
城ゲーを攻略する上で生活時間帯が似ているアクティブな日本人ギルドに加入するのは一番重要な事だと言えるでしょう


そんな時、あるメールが届きます

「はじめまして!」
「日本人オンリーのギルドを運営しているAと言います」
「よければうちに来ませんか?」

ヘルプを出しても全く埋まらないヘルプ欄
会話の無いギルドチャット

そんな所に来たメールは救いの糸の様に見えたのです
そう。
それが地獄への門だとも気付かずに・・・

先程書いた

丁度グーグルプレイの端数がそれくらい余っていたので120円パックを購入しました。
これが間違いでした


何故これが間違いだったのか、相当後になって気付きました。
そもそもどうしてギルドマスターのA氏は自分にメールを送ってきたのか?
この広大な世界からどうやって探し当てたのか?

名前は”きのこ”にしていたのでこの時点で日本人だと想定は出来ます。
ただ、日本人っぽい名前の人はかなり存在します
では何故声を掛けたのか?
そう。120円パックが原因でした。

120円パックを購入するとVIPレベルが上がります。
コレ以外にもVIPレベルを上げる方法はあるのですが、現金を入れるとダイレクトに上がります
つまり、VIPレベルが高い=課金者の可能性が高い訳です
課金をしない人間は最初から最後まで鉄の意志で無課金を貫きます
しかし、一度課金をした人間は財布のひもが緩い可能性があります
そこに目を付けたのだと思いました

プレイ7日目

日本人ギルドにお邪魔してから数日が経ちました
今まで居たギルドと違い、ヘルプは直ぐに埋まりますし、チャットは盛んです
居心地の良さを感じています

実は案件の城レベル15に関しては充実したヘルプ機能の手助けもあり既に終わっており、ロードモバイル自体はアンインストールしても問題が無いのですが
今このギルドを抜けるのは勿体ないな・・・と感じていました。

仮にポイ活に慣れている今、ロードモバイルを始めたのならば
絶対に城レベル15に到達した時点でギルドの人たちに別れの挨拶すら告げずにアンインストールしていると思います。
しかし、自分は初めての城ゲーで【楽しい】と言う感情が産まれていました

ここまでの課金額は120円パックを3個購入しただけなのでまだ360円程度
引き返せる位置には居ました

また、チャットではギルドマスターの方がしきりにAmazonコインを勧めてきます

「Amazonと連携するとお得だよ」
「最大18%引きで課金できちまうんだ」
「MAXの50000コインが41000円で手に入るんだぜ?」

お得・・・なのかな・・・?
次々にAmazonコインに手を出すギルドメンバーに恐怖を覚えましたが
流石に50000円を課金する勇気はありません
とは言え、課金への意識が揺らいでいたのは事実でした

そして戦争へ

ゲーム開始から10日程が経過しました
ゲーム内容としては、施設の強化をしつつ兵隊を育成したり資源を回収したりと
所謂【農民プレイ】と言われる奴です

この頃になるとギルドは最大強化され人数のMAXの100人まで加入可能になりました
大体80~90人くらいが在籍していたと思います

ロードモバイルの強い所は、このギルドの最大人数が100人と言う所に起因していると思います。
ローモバの後に色々な戦争城ゲーをプレイしましたが、大抵のゲームのギルドは30人~50人の所が殆どで100人規模のギルド設定は見掛けなかったと思います。
ギルドの最大人数が100人と言う設定は割りと諸刃の剣だと思っており

この手のゲームは大抵が強い所に強い人が集まりやすいシステムになっています
普通のゲームだと100人ギルドが数個あればそれでキャパが終わりです。
ロードモバイルは100人ギルドが10個あってもまだ人に全然余裕がある感じなので1サーバーの最大人数を他ゲーに比べてかなり多く設定していると思います。

1サーバーの最大人数を多くする事自体は簡単に出来ると思うのですが
新規サーバーだとプレイ開始が1日遅れるだけで戦力差が結構出るので仮に1週間も遅れると巻き返すのはかなりしんどいです

つまり、ある程度の集客力があればこそ許された設定だと思うんですよね
例えば1サーバーの最大キャパ人数が5000人だとして
ロードモバイルだとこの5000人のキャパを埋めきるのに3日で埋め切れるのに対して
他の城ゲーだと5000人を埋めるのは1週間以上は掛かる筈です
そういった理由でギルドの最大人数を30人~50人に抑えているのだと思います

日本人オンリーと設定しても1-2割は外人の方が紛れ込みますし
その中の日本人だけで見ても生活時間は様々です。
これが仮に30人ギルドだとしたら2割が外人で残り25人が日本人
その中から生活時間帯が合うのは10人居れば良い方です。
こうなるとギルチャ等は先ず機能しません

これが100人ギルドとなると人数だけで3倍近い訳です
そうなると生活時間帯が合う人も出てきますし、時間が合えばギルチャも機能します。
そして人が増えると言う事はそれだけ問題を抱える可能性も出てくると言う事になります・・・

この最大人数がミソで
人数が多ければ多い程、国籍縛りが機能します
所謂【日本人ギルド】や【中華ギルド】と言った単一の国籍で構成されたギルドですね
人数が少ないとどうしても混合ギルドになりやすく、混合ギルドの場合は基本的に会話が成り立たないのでギルドは機能しません
機能しないと言う事は争いが起きません

これが単一の国籍で構成されたギルドの場合は
会話が発生しますし、教え合いの相乗効果で戦力が上がります
そして、何か問題があった時に連帯感が生まれます。そうして問題を乗り越えるからです
これは日本人だけの問題では無く、他の国もそうでしょう
それは素晴らしい事だと思いますし、日本人の根底にある助け合いの精神も機能していると思います
が、それが必ずしもいい方向に向くとは限らないのです
それは何故か?ロードモバイルは戦争ゲームだからです

さて、このゲームには資源採取と言うコンテンツがあります。
王国内に「木材」や「麦」や「鉱石」が点在しているのですが
それを自国の兵を派遣して採取する事が出来ます。

大体1時間~2時間くらいで採取は終わるのですが
採取中に他プレイヤーを攻撃して採取ポイントを奪う事も出来ます
ただ、基本的にメリットが無いので奪ったり奪われたりする事は殆ど無いのですが
同時に採取先へ向かったり、ラグがあると奪い合いが発生して小競り合いが起きます

恐らく今回もそんな小さな小競り合いだったのでしょうが
自分のギルドと他のギルドの方が採取ポイントで取り合いになり、自分のギルドの方が採取ポイントを奪われました。
それに腹を立てて相手側にメールを送ったみたいなのですが解決せず
相手のギルドの方の城を襲いました。
こうなってくると襲われた相手の方もキレるのは当然で、今度はギルド総員で襲ってきます

そう・・・戦争です

ただ、こちらのギルドマスターは既に10万円以上課金しており
戦力ランキングでも上位
相手側のギルドは弱小で、襲ってきますが全く歯が経ちません
勝てない事を悟ったのか、相手側のギルド(外人)がこちらのギルドの掲示板に英語で許して下さいと書きましたがもう手遅れです

遂に戦争が起きました

燃え広がる相手側のギルド
資源は全て奪われ、兵士は殺され、燃やし尽くされました

これが戦争なのです

また、戦争に負けるとロード(主導者)が捕らえられます
ロードが居ないとスキルが使えませんし、生産能力が落ちます
身代金を払えば許してくれますが、弱小ギルドなので払える筈も無く
次々と処刑されていく、外国人ギルドの方々を見て
自分が敵では無かったと安堵すると共に
なんて恐ろしいゲームなのだ・・・と改めて認識させられました。

海外ギルドとの対立

気が付けばロードモバイルに入り浸る様になっていました。

漫画アプリが切っ掛けでロードモバイルをプレイしましたが
同じ境遇の方が他にも色々居て、そうなると”マンガ”と言う共通の話題もありますし話も弾みます。
これもでした

また、元々はマビノギと言うネトゲ廃人だったのもあり
ロードモバイルにどこか懐かしさを感じていました
マビノギ時代も、特に生産や戦闘もしなくてただ単にギルドチャットで駄弁っている事もありました。
そんなマビノギ時代を思い出したのです

※ちなみにマビノギのプレイ時間データです

マビノギのプレイ時間データ


また、自分の所属しているギルドは日本ギルドで戦力だけで見ると上位TOP3
日本ギルドだけで見れば戦力は1位だったのも大きいです

この頃になると毎日120円パックを購入しており
既に120円パックでは物足りなくなっていました
気付けば2440円のパックも購入していたのです

この戦力TOPギルドの威光と言うのはかなり強く
ギルド所属前はちょいちょい襲撃を受けていたのが
加入後はバリアを張らなくても一切襲われなくなりました

そんな訳で毎日バリアを張らずに寝ていた訳ですが
ある日、朝起きてロードモバイルを起動すると
城が襲われ、ロードが捕獲されていました
更に高額な身代金も要求され

釈放金を要求された時の奴

その額なんと1億2500万ゴールド
1回の採取で大体50万Gくらいしか取れないのでかなり無茶な要求です

ただ、ちょいちょい課金してたのもありゴールドには余裕があったので身代金を払う事が出来ました
そして問題は”身代金”を要求したと言う事でしょう
つまり、うちのギルドと事を構える気があると言う事です。


この時点で自分が所属するギルド”Y”は戦力第2位
そして襲ってきたギルド”X”は戦力1位の中華ギルド

こうして、YとXによる長い戦いの火蓋がこの日、落とされました

スパイの排除

先程、ロードモバイルのギルドの最大人数は100人と言いましたが
100人全部を日本人で埋めるのは正直厳しいです
当時、自分のギルドはメンバー自体は最大上限の100人が在籍していましたが
うち10人程は外人でした
残りの10人はサブ垢なので純粋な肉入りの日本人は80人前後でしょう

これが日本人同士の対立ならともかく、今回対峙するギルド「X」は恐らく中華ギルド
日本人は居ません
そして今回襲われた時間帯が午前4時頃と言う事も解り、ギルマス曰く、こちらの情報を流しているスパイがギルドに入り込んでいる可能性が高いと言う結論になりました

では、このスパイをどうやって判別して取り除くか?
これはもう人力しかありません。
ギルマスがギルドメンバー全員に個別メモで”日本語”で質問します。
ロードモバイルには変換補助機能がありますが、日本語に変換するとどうしても変な日本語になりやすく、返事が怪しいと感じたら疑わしきは罰せよの判断でギルドから除外する事になりました

スパイが日本語ペラペラの可能性はありますが、可能性の芽は摘むべきです。
こうしてギルドから8人が去りました

日本人ギルドとの同盟

サーバー内には自分の所属するギルド以外にも日本人ギルドは多数有り
今回の戦争はYギルドとXギルドの戦いでしたが、日本人VS海外(中華)との争いになってきており、
他の日本人ギルドと手を組む事になりました

協力関係には色々と種類があるのですが
大きく分けて3種類
nap、alliance、familyの3種類です。
今回締結したのはalliance。同盟になります。

そして、その日の夜
同盟を組んだギルドが中華ギルドに完膚なきまでに燃やされました

同盟が襲撃にあいました・・・

同盟を組んでいますが
戦力差がありすぎて助ける事すら出来ません
ただただ襲われているのを眺めている事しか出来ません

海外ギルドの内紛

さて、日本人側もやられているだけはありません
とは言え、中華ギルドとの戦力差は大きく、特に中華ギルドには戦力ランキング1位と2位のプレイヤーが所属しているのがかなり大きいです

が、この日中華ギルドの2位がギルドから追放されタコ殴りに合うと言う事件が起きました
これはnap(不可侵条約)を結んでいるインドネシアのギルドの工作員が中華ギルドに入り込み、2位の方が1位の座を狙っていると情報を流した結果、喧嘩になったとの事です
中華ギルドとは言え、実態は多国籍軍なのでしょう。
日本ギルドと違いスパイを排除するのが難しかったのだと思います

こうして、中華ギルドの戦力は弱体化したのですが
それでも日本ギルドと中華ギルドの戦力差は3倍以上あります
この”3倍”と言うのは、日本ギルド連合と中華ギルド単体の戦力差です
如何に絶望的か解ると思います

みんなでチャットして盛り上がり楽しかったロードモバイル
それが日夜、中華ギルドに襲われ話の内容も争いの事ばかりになりました
もうあの楽しかったロードモバイルは存在しません

「負けたら引退だなぁ」「移住も考えないと・・・」

そんな発言も見るようになりました
自分に出来る事は課金で少しでも戦力を上げて支える事くらいしか出来ません
プレイ1ヶ月目ですが課金額は10000円を超えました

マンガアプリで貰えたコインが7000コイン分程度だったので、既に貰えるコイン額を抜いてしまいました
しかしもう引き返せないのです・・・

アイドルグループ対抗戦

さて、ロードモバイルでは
「アイドルグループ対抗戦」なるものが度々開催されています

内容的には
・サーバーは指定
・4グループくらい
・アイドル+ファンの方でギルドを作って競い合う
・恐らく?地下アイドルの方がメイン

と言った感じで


こんな感じで不定期ですがかなりの頻度で開催されています
そして、不運な事に自分がプレイするサーバーが選ばれていた様です
そう、この中華ギルドと日本ギルドが争っているサーバーにです

そんな訳でサーバー内にアイドル対抗戦のギルドが4ギルド存在したのですが
当初はこの戦争には関係なく全くの蚊帳の外だったのですが
中華ギルドの目的は日本人の殲滅です。

と言う事はこのアイドルギルドももちろん例外ではありません

この日、アイドルギルドは中華ギルドの侵略により壊滅したのです

復讐に燃えるアイドルギルドメンバー

今回の侵略により、バリアを張っていないギルドメンバーは全て燃やされました
勿論、ギルドマスターのアイドルも燃やされたので恐らくはアイドルギルドのチャット内は阿鼻叫喚だった事でしょう

元々、アイドルグループ対抗戦は戦争が目的では無く
どちらかと言うと農民プレイの分類になる”ギルド共闘”がメインなのでメンバーの殆どは争った事自体が無いメンバーが大半だったと思います
ギルド内で一体どんな会話があったかは解りません
ただ、1つ解る事は、ファンの1人を完全に怒らせてしまったのです

「アイドルの金をロードモバイルにぶっこむわ」

こうして、復讐鬼が1人産まれたのでした

札束でビンタするゲーム

ロードモバイルを一言で表すなら正しくこれでしょう
ストラテジーRPGと謳っていますが、中身は課金で殴り合うゲームです

1億円課金しているプレイヤーがゴロゴロしている世界です。

当時、自分がプレイしているサーバーも
自分のギルドのマスターが既に10万円程課金していましたが
それでも戦力ランキングは20位とかそんなもんでした
リーダー曰く、戦力1位は間違いなく100万円は入れているとの事

そんな中に現れたのがアイドルギルドのファンの方でした
アイドルイベント自体が1ヶ月程と言う事もあり、丁度終盤に差し掛かっているのもあり、イベント終了後こちらのギルドに合流して中華と戦うと言う話で締結
その間はアイドル側の共闘イベントをこなしつつ、うちのギルドマスターに戦い方を教わると言う事になりました。

最初は圏外だった戦力も一気にトップ10をぶち抜き5位にまで躍り出ました
恐らくは12000円のアイテムパックを購入しまくっているのでしょう
戦力の上がり方が半端ではないです

また、他の日本ギルドの方でギルドが襲われ壊滅して引退者が続出したのでこちらに合流したいと言うギルマスの方が現れました
この方も、東北の方でビルの経営をしている社長と言う事で、札束のマンパワーを発揮します

「とりあえず10万課金してきたわ^^」

こうして

復讐に燃えるアイドルギルドのバーサーカー
ビル経営の金持ち社長

が日本ギルド連合に合流する事になりました


ゲームプレイからおよそ1ヶ月ちょっと

遂に聖戦が始まります

そして聖戦へ

聖戦の決行日が決まりました

この時点で自分は既に20000円程課金していました
戦力も大分上がってきており、ギルド内の権限もR4を頂きました
それでも戦争になるとまだまだ足を引っ張るレベルです
と言う訳で、日本の幹部会議には参加できなかったのですが、決行日は教えてもらいました
アイドルギルドのイベントが終了する次の日です。

イベントが終わり次第、アイドルギルドのファンの方の何人かがギルドに合流すると言う事になりました。
既に社長はギルドに加わっているので、これでファンの方が加入すれば戦力的に互角近くになると思います

12000円パックの購入

このゲームは””が全てです
今まで色々なMMOをプレイしてきましたが、大抵のゲームは経験年数の方が重要視される事の方が多く
例えば、自分が一番プレイしたゲームはマビノギですが
リアルマネーの介入要素はあるものの、長年培ってきた経験や知識も重要で
5年選手とプレイ1ヶ月のひよっこだとまるで話になりません

が、ロードモバイルの場合は
1ヶ月先にプレイしていて戦力が100万を超えてギルド内でブイブイ言わせていたとしても
プレイ数日の人が12000円パックを5個買えば直ぐに抜かされます
無課金や微課金の方が廃課金に勝つのは不可能なのです

そんな中、ロードモバイルでは魔獣迷宮と言う物が存在します
魔獣迷宮にはノーマルとエリートが存在しており
通常だとノーマルしかプレイする事しか出来ません

そして、エリートを開放する方法は唯一つ
12000円パックの購入です

当時、ロードモバイルの情報を色々と探していたのですが
この方のBlogが非常に有益でした
(読んでいて非常に面白かったです)
もし、このBlogにロードモバイルの情報を求めて来た方が居たらこの方のBlogを読むのをオススメします

https://tvgame.fun/lords-mobile/utilitie/labyrinth-elite.html

と言う訳でこのBlogにも如何にエリートが重要かを力説しており
12000円パック購入の後押しになりました

また、12000円パックはどれでも良いので
戦争に役立つパックを選んだ気がします
(チャンピオンだったかな?)

ギルドで12000円パックの購入を報告したのですが

「おめでとう」
「きのこさんおめでとう」
「やったね」

ああ、遂にこれで自分も仲間として認めて貰えたんだな・・・
と実感しました。

課金額は30000円を超えていました

聖戦勃発

遂に全面戦争が近付いてきました

ギルドメンバーは戦争に向けて資源を溜め込み
兵士を訓練させ、バリアを貼っている倉庫垢に食料等を送り込みます

この全面戦争と言うのは
所謂【ワンダー戦争】と呼ばれる物なのですが
ロードモバイルにはワールドマップの中央に巨大な城が存在し
その城が一定時間経過すると占領が可能になります。
この城を占領すると占領したギルドメンバーは恩恵を受けれる事になります。
また、占領者は国王となり王国民に対して称号を付与出来る事が可能となります。

この称号が結構厄介な存在で
先ず、称号付与を拒否するのが不可能で、称号にはバフとデバフが存在します。
一番強力なバフ効果は勿論軍隊系で、”国王”や”将軍”だと軍隊攻撃力が10%程アップします
デバフに関しても攻撃力を下げられたり、研究速度や建設速度を下げたりする事が出来ます
当たり前ですが、バフVSデバフだとかなりの戦力差が出ます。
また中央の城以外にも周囲に様々な城が存在し、そちらも占領する事で戦力バフの恩恵を受けれるので
一度、独占状態に入られてしまうとバフ効果でかなりの戦力差が付いてしまい戦争がかなり厳しい戦いになります。

現状では中華ギルドがほぼ全ての城を独占している状態ですので
日本人にとってはかなり厳しい状態と言えるでしょう

この王国は現在、中華に支配されています
全ては平和の為に

今、聖戦が始まろうとしています

最初は小さな小競り合いでした

さて、少し前に出てきたアイドルギルドの話になるのですが
この王国には4つのアイドルギルドが存在します

アイドルギルドはアイドルギルド同士で戦っていたのですが
これは直接的な戦いでは無く、ミッションをクリアしてポイントを稼いでそのポイントを競い合う
【ギルド共闘】と呼ばれる物でした

ここに関してはアイドルグループ対抗戦の主催者も色々と考えたと思います
ロードモバイルは戦争ゲームなので、仮に「相手の国家を滅ぼそう」とかにして殺戮者数を競い合う戦いにすると、下手するとファン同士でリアル殴り合いになる可能性も否定できません
戦争ゲームのロードモバイルで競い合う方法は何か無いのか・・・?と考えた筈です
なので、直接的な戦う要素の無い【ギルド共闘】に目を付けたのは賢いと思います。

自分もギルド共闘は何回も参加しましたが
基本的に争う系のミッションは無く、資源採取や時間イベントのランキングポイント、魔獣討伐等の基本的にソロでこなすミッションが殆どで「敵の兵士を倒そう」とか「他の城を占領」しようとかは一切ありませんでした
と言う訳でこの内容でいざこざが発生する事はありません

そして、それは本当に小競り合いでした
ギルド共闘のミッションで「資源採取」のミッションがあったのですが
アイドルギルド同士で同じ資源が被ったのでしょう
取り合いになりました。

ロードモバイルでは資源採取の際に
既に誰かが採取している状態でそこに兵隊を向かわせようとすると「戦いますか?」とポップが出てきます。
バーサーカーで無い限りは資源ポイントは他に沢山ありますし基本的には他の所を選択するのが普通でしょう

自分の城から資源採取まで向かう際に掛かる時間は城と資源ポイントによって変わるのですが
近ければ1分以内。遠くても大体4分~5分程度です
資源採取ポイントに兵士を出して到着するまでの4分~5分の間に他の人と被ってしまった場合。
この時は「戦いますか?」のポップは出てきません

そしてかち合った場合、どうなるかと言うと
先ずお互いにバリアを貼っているかどうか
どちらかがバリアを貼っている場合は戦争は起きない仕様なので、先に到着した方が優先され後に到着した方は自分の城まで強制的に帰還します

お互いにバリアを張っていない場合は
その資源ポイントで戦争が起き、勝利したほうが資源ポイントで採取をする権利を得ます

ロードモバイルのバリア自体は割りと格安で買えますし、
現状はノーバリア状態だと日本人は中華に襲われる状態だったので、恐らくはお互いバリア状態だったと思います

そして、ロードモバイルには「行動速度アップ」と言うアイテムが存在します
これは割りと簡単に入手出来るアイテムで、派遣している兵士の速度を「50%短縮」とダイレクトに短縮できます。
例えば、資源ポイントまで4分だと1個使えば2分。2個使えば1分に短縮できます

恐らくはそんな感じで資源の取り合いが起きたのでしょう
アイドルイベントも最終段階
もしかすると既に勝敗は付いていたのかもしれません

自分は伝聞なのでどういった感情で事が起きたのかは解りません
しかし、この取り合いで小競り合いが起きました

先程、説明したのはお互いがバリアを貼っている状態の話でした
このバリアはかなり強力でバリアを貼っている状態だとお城が攻撃される事は絶対にありません。
ただし、例外は存在し”資源採取の兵士は襲うことが出来る”のです。

これは所謂タイキルと呼ばれる行為で
ロードモバイルではタイキルは禁止の暗黙のルールも存在するくらいです
ギルドに公約を貼れるのですが【タイキル禁止!】と掲げているギルドも少なくは有りません
ちなみに資源が被った際に加速アイテムを使って横取りする行為も【後出し加速】と呼ばれる行為でタイキルと比べるとマシですが嫌われる行為です

とは言え、タイトルは確実な悪意を持ってやる完全な敵対行為です
やった側も資源を横取りされてついカッとなったのかもしれません
そして、タイキルをするとタイキルをした側はバリアが確実に剥がれます

この攻撃行動によってバリアを自主的に剥がした場合は
バーサーカー状態に突入し、10分間の間攻撃力は上がるのですがバリアを貼る事が出来ません
これまでずっとアイドルギルドはバリアを貼り続けていたのでしょう
片方だけですが、そのバリアが恐らく今始めてタイキルと言う行為で解かれました
するとどうなるか?

襲われた方もバリアを剥がして報復行為に出たのです

一度こうなるともう止まりません

最初はギルドメンバー同士のいざこざから始まった小競り合いでしたが
お互いバリアを剥がしてノーガード状態で殴り合いました

こういった問題は日々起きていると思います。
日本ギルドはタイキル禁止が殆どですが、外人はタイキルなんでダメなの?って所も多いです
ここに関しては考え方の違いでしょう。

ただ、今回は日本人同士の問題です。
日本人ギルド同士で資源の取り合いで同じ問題になった場合
殆どの場合がギルドマスターやサブマスが出てきて仲裁に出ます
そしてお互いの話を聞いて、注意やペナルティ等で方向で終わると思います

今回はタイキルが問題だったので
普通のギルドはタイキルを禁止にしている所も多いので、タイキルをしたメンバーは除名される事もあるでしょう。
ただ、今回は初犯ですし注意だけで終わる可能性も高かったと思います

そして最大の問題がこれが普通のギルドじゃなかったのが大きかったのです

自分が所属しているギルドは
自分をギルドに招待してくれたA氏がギルドマスターです
A氏は元々旧鯖で遊んでおり、このサーバーはサブ垢で遊んでいると言うのもありロードモバイル熟練者です。
海外ギルドとの外交官もこなしており、ロードモバイルで問題が起きればこの人に任せておけば問題は無いと言う存在です
仮に自分の所のギルドと他のギルドで揉めた場合は真っ先に飛んでいって解決してくれるでしょう

そう。
普通のギルドはこういった存在の人が1人は大抵居るのです
自分のギルドだけで見ても経験者の方は10人程居たので他所のギルドでも数人は経験者が居ると思います。

問題があるとすれば今回はアイドルギルド。
そう、ギルドマスターはアイドルの方です

普通に考えてみればそうなんですよね
アイドルグループ対抗戦でアイドルの方がギルマスでサブマスも恐らくアイドルの方でしょう
アイドルグループは過去にイベントに参加した事が無いアイドルグループが選ばれます。
果たしてロードモバイルの経験者のアイドルが存在するでしょうか?

となると、ロードモバイル未経験の可能性が非常に高いでしょう
先ず揉めても解決できません
この戦争を止めれなかった原因の1つに仲裁者が存在しなかったと言うのが大きいと思います

最初はギルドメンバー同士の戦いだったのですが
気付けばギルド同士で大規模の戦いに発展していました
ここまで来るとアイドルギルドの看板を背負っているので負けられないプライド等もあったのでしょう
寧ろ、ギルド共闘イベントで既に負けが確定していたのでせめて戦争で勝ってやろうと言う気持ちもあったのかもしれません
気付けばアイドルギルドの戦死者が凄い事になっていました

そして、もう一つの問題は
この戦争は禁止行為に抵触していないんですよ
アイドルグループ対抗戦のルールを見てみると

■禁止事項
(1)イベント運営以外がユーザーの承認を行うこと
(2)イベント最終週に行われるギルド共闘以外で、ユーザーのランクを4に昇格すること
※イベント最終週のギルド共闘では、3月6日(月) 12:00時点のギルド人数に応じて、ギルドリーダーは任意で選んだユーザーをランク4に昇格可能です
(3)ロードモバイル内にて、特定の演者やユーザー、ギルドを侮辱、誹謗中傷する投稿
(4)複数のアカウントを作成し、本イベントで作成した複数のチームのギルドに加入すること
(5)本イベントで作成したギルドにおいて1度参加したギルドと異なるギルドに参加すること
(6)ギルドメンバーが本イベントに参加している演者へDMを送ること
(7)3月6日からのギルド共闘以外のギルド共闘で10,000pt以上のptを獲得すること
※獲得された場合、超過分のptをイベント最終集計時からマイナスします。
※アプリ内課金の返金対応はいたしかねます

戦争行為はルール違反では無い

公式がOK出しちゃってるんですよね
(3)が若干怪しいですが
そもそも今回はギルド共闘の資源の取り合いで発生した問題が原因で
それに対して報復行為をしただけなので、言わばゲーム内ルールに則っています
戦争ゲームなので攻撃をする事は侮辱もクソもありません

そもそもロードモバイルは戦争ゲームです
戦争が起きると大量の資源が必要なります
そして、その資源はどこから入手するか?
足らなくなった資源を一瞬で手に入れる方法
それは課金パックに他なりません

戦争が起きると兵士が死にます
兵士が死ぬと戦力が大幅に下がるのですが
何故かアイドルギルドのメンバーの戦力が上がり続けています
これはもう課金している以外に考えられません

圏外だったアイドルギルドのメンバーが気付けば戦力TOP10にランキングインしています。
アイドルに使う筈だったお金をロードモバイルに突っ込んだのでしょう・・・
憎しみは憎しみの連鎖を生みます
しかし、これが戦争なのです・・・

そして終戦へ

長時間に及ぶアイドルギルドの戦争は
日本ギルド連合の介入により終戦を迎えました

丁度自分もログインしており、ゴールデンタイムに戦争が起きていたのですが
ワールドチャットでリアルタイムでアイドルギルドのメンバー同士が罵り合いを始めて
敵だった筈の中国人の方や、ベトナムの方が宥めているくらいです

ロードモバイルでは兵士が大量に死ぬと号外が流れるのですが
タイキル程度だと流れない仕様で、そこそこ育っている城の兵士がラリーで壊滅すると根こそぎ死ぬので流れる場合があります。
号外が流れてくるレベルの戦いだったので下手をすると、このサーバー始まって以来の戦争の可能性もありました

アイドルを応援するのはお金が要ります
有名な漫画だとアニメ化もした【推しが武道館いってくれたらしぬ】と言う漫画ありますが
あれも主人公の”えりぴよ”さんはアイドルに相当お金を使っていました
グッズや握手券の入ったCDはお金が掛かります

そして、お金を持ってる同士が戦うとどうなるか?
例えば、20万課金出来るエリートソシャゲ廃と一般的な社会人で月のお小遣いが3万円の人がバトったら100%ソシャゲ廃が勝ちます
社会人はクレカと相談しますが99%折れます。
そして大体が金の圧力に屈して諦めて引退するか萎えて辞めるかのどちらかでしょう

今回の戦争がここまでの規模になった原因は
お互いが使えるお金があると言う事が大きいと思います

例えば、通常の戦争でA氏とB氏のいざこざで戦争になった場合
A氏のギルドメンバーでC氏が居ます
このC氏とA氏は”ただのギルドメンバー”と言う繋がりだけです

仮に、自分のギルドメンバーが他のギルドの個人と戦争になった場合
自分とギルドメンバーの繋がりは30日程を一緒に遊んだ顔も知らない他人と言う存在です。
とは言え、ギルドメンバーなので資源を支援したりはすると思いますが、直接的な戦争の手伝いはしない可能性が高いです
これが通常の戦争です

今回は応援しているアイドルの下に集った仲間と言うのが大前提存在し
A氏と同じギルドメンバーのC氏は”同じアイドルを応援している仲間”と言う存在です
つまり、この戦争は

アイドルの代理戦争になっていたのです

加えて、主に戦争に参加したのはロードモバイルのシステムになれていないロードモバイル初心者のファンの方達です
強くなるには課金しかありません。
そして、課金に対抗できるのは課金だけです

基本的には課金してとりあえず突っ込むと言うのを繰り返していたのでしょう
終戦後、アイドルギルドの方達がどうなったかはわかりません

アイドルイベント自体は最終日だったので、恐らくは大半の方がロードモバイルを引退したと思います。
そして大半の人が、何故こんなに課金してしまったんだ・・・と後悔した事でしょう

ロードモバイルのアイドルグループ対抗戦は調べてみると2018年頃から開催されていて
恐らく、年に5-6回程のペースで開催されています。
つまり、現時点で20~30回程は通算で開催されていますが、無事に争いも無くポイントを競い合うだけで終わった事が殆どだとは思いますが、こうして戦争になる事もあったと思います
しかし、こうして自分の目で地獄を目撃してしまった以上、ロードモバイル怖すぎだろ・・・と実感した日でもありました

中華ギルドとの戦い

アイドルギルドの抗争から一夜明けました
この日がワンダー戦争の日で中華ギルドとの全面戦争の予定です。
一応、予定通りアイドルギルドの方から2名合流したのですが、気付けば歴戦の勇士と化していました
何があったかはわかりませんが、何故か戦力も鯖でトップレベルになっていました・・・

ワンダー戦争ですが
まさかの早朝(確か4時くらい)とふざけてんのか?と思える開催時間でしたが
ロードモバイル自体が全世界共通サーバーなのでこの辺りは仕方ないですね・・・


早朝4時とか社会人厳しくね?と思ったのですが、社会人が多い筈のうちのギルドも総動員で出陣していて、ああ・・・本当に総力戦なんだな・・・と実感しました
恐らくここで負けると日本ギルドは終わりだと思います。

元々は日本ギルドVS中華ギルドみたいな感じで始まったワンダー戦争ですが
中華ギルドがワールド中で暴れていて、日本ギルド以外にも様々な海外ギルドが協力してくれる事になりました

ロードモバイルは英語を喋れなくても自動翻訳機能があるのも大きいと思います。
ポルトガルギルドの方やインドネシアのギルドの方も戦争に協力してくれる事になりました
加えて、社長とアイドルギルドのバーサーカーの加入も大きく
ギルド単体の戦力で見ても3倍近くあった戦力差も1.5倍程度に縮まっています

社長「とりあえず20万課金したから資源欲しい人は言ってね^^」

しゃ・・・しゃちょう・・・!
この頃には城レベル25以降に研究できるT4の研究も終わっており
本格的な初陣となりました

戦争は会社の出勤時間になっても終わってなかったので
下手をすると5~6時間くらい掛かってたと思います
大量の戦死者が出ていたので号外も飛び交い死傷者も1000万人は越えていたと思います。
そして、ついに中華ギルド(Xギルド)が陥落したのです

バフ系の称号は
自分の所のギルドの方と協力してくれたインドネシアの方に付与されました

遂に国王を奪還しました

デバフ系称号は勿論、敗戦した中華ギルドの面々に付けられます。
そして一番強力なデバフの”卑怯者”の称号は
前国王のXギルドのリーダーに付けられました

卑怯者のレッテルを付けられる前国王

ワールドチャットでは中華ギルドが敗北した事に盛り上がり
多種多様な言語で「ざまぁwwww」とか「ビクトリーwwww」みたいな感じで盛り上がっていました
結構暴れてたので、相当嫌われていたと思います・・・

ここまでプレイして1ヶ月ちょっと
本当に濃密な時間だったと思います。

課金額はここまでで合計で30000円ちょっとですが
今回の勝利を考えると安い買い物でしょう

友情・課金・勝利

ロードモバイルは本当に面白いゲームだと思います

しかし、ここから地獄への扉が開くと誰が想像できたのでしょうか・・・?
ロードモバイルプレイ記事後半 地獄編に続きます


後編になります

コメント

タイトルとURLをコピーしました