【777real】Q&Aコーナー始めました 初代パチスロ化物語編(4/28 追記)

777real
スポンサーリンク

皆さんこんにちわ

サミーの犬です

777realの記事も気付けば20本を超えていました
777realの事を取り扱っているサイト自体が少ないと言うのもあるのですが
Google検索だと「777real 攻略」とか「777real 遊び方」とかでググると上の方に表示される様になりました

特にアクセスが多いのは「レジェンドダイヤモンドへの道」と「初心者向け遊び方ガイド」です

そろそろ777real関係も1年くらい投稿していますので、ゲーム内のメモやXのDM、ブログのコメントで質問を戴く事も多くなってきました
って事で、貰った質問をQ&A方式で纏めて記事にしようかなと思います

ブログのコメントに関しては大歓迎です。大体気付いたらすぐに返しています
Xに関しては殆ど呟いていませんし、見る頻度も少ないのですが、こちらも気付いたら返事はしています


ただ、777realのゲーム内メッセージに関しては滅茶苦茶チャットが打ちにくいんですよね・・・
と言うかスマホでもタブレットでも会話出来るレベルじゃないですよ
どういう事ですかね?サミーさん

例えばコレ、ゲーム内のチャット画面なんですが
「こんにちわ」って打ち込んだのですが文字が見えません

現在打っている文字が見えない謎仕様でして、非常にやり取りがしにくい
何回か質問貰ったんですが、スマホのLINEで文字を書いてそれをコピペして返信してたので、お手数ですが記事コメントやXの方が助かります・・・

と言う訳でQ&Aコーナーをやっていきます

Q.化物語のやり方がイマイチわからない

A.多分一番多かった質問だと思います

記事としては


こちらの記事で解説はしているのですが、確かにイマイチ分かりづらいですねw
元々知っていてる前提で書いているので申し訳ないです

なんだかんだこの機種もリリースが2013年って事で既に13年前の機種なんですよねぇ
メインを張る機種では無かったですが、そこそこ長生きはしました
とは言え777realプレイヤーで実際にホールで打った人ってそんなに居ない気はします
少なくとも、現在20代の方だとホールで打った事は無いでしょう

現在だとレジェンドダイヤモンド入賞がイベント上位入賞が必須になってしまった為、以前よりは需要は低いとは思いますが、ヴァルス使用時のPG還元率も高めですし、プラチナからダイヤモンド入賞狙いや、ダイヤから降格しそうな時は使える技だと思います

最近は開催されていませんが、全機種対応の獲得PG系のイベントが来た時は今でも最強だと思いますので知っていて損は無いです

先ず、簡単に化物語の仕様から説明します

化物語は2013年にサミーからリリースされた機種で
自分は当時この機種を狂った様に打っていました

特徴としてはAT中の直乗せが存在せず
1/100前後で当選する倍々チャンスとちょっとレアなボーナスで上乗せを目指すゲーム性になります

倍々チャンスは1/100と軽いのですが平均上乗せ枚数は100枚ほど
ボーナスはそこそこ重く1/1000くらいで300枚くらいの上乗せが狙えます

当時、化物語が流行った理由の1つが

倍々チャンスがぶっ壊れる

と言うのがありました

平均期待枚数は100枚の倍々チャンスですが
初期枚数は5枚×2倍で上乗せせずに終わる事もざらにありました
そうなると折角突入しても10枚で終わる事もあります

10枚→20枚→10枚とかクソみたいな枚数が続く事もあり、なんだこのクソ台!?となった人も多いでしょう
その分、ぶっ壊れた様に乗る事もあり上乗せが噛み合えば10000枚クラスも乗る事もあります

10000枚乗せも天文学的数字と言う事でも無く、上手く噛み合えば現実的に拝める事も可能でした

ホールだと自分が一番乗せた時がコレですね
18枚×202枚なので3636枚


この状態まで持っていけばキャラ保留で1枚乗せたら202枚乗せですし
倍率乗せで2倍だとしても36枚乗せです
何かの間違いで現在の倍率が2倍とか来よう物なら18×404で7272枚
ほぼ万枚が確定します

この時は過去1で手がプルプル震えてたと思いますw

実際には現在の倍率が2倍は中々起こらない振り分けなのですが777realではスキルが使えますので比較的簡単に狙える様になります
目指すのは現在の倍率を2倍にする効果のピンポイント狙いです

次に基本的な倍々チャンスの仕組みを説明します

倍々チャンスは初期5枚 倍率2倍からスタートして
当選時の5%で初期枚数が10枚からスタートします

倍々チャンスには保証ゲーム数が存在し
リプレイを引いてから4G間は絶対に転落しません
勘違いしやすいのはリプレイを引いたGも有効なので、実際には3G間は無敵だと思った方が解りやすいです

1G目・・・リプレイ(ここから3G間は転落しない)
2G目・・・ベル
3G目・・・リプレイ(保証内なので絶対に転落しない)
4G目・・・リプレイ(保証内なので絶対に転落しない)
5G目・・・リプレイ(転落の可能性有り

転落する可能性があるのはリプリプベルの形のリプレイで
斜めリプレイやリプリプリプはセーフです

転落する可能性があるリプレイを引いた時に転落抽選が行われ
20%でナナメリプレイか中段リプレイが揃って回避演出が発生します
80%で中段にリプリプベルが揃って転落します
この転落時に更に復活抽選を行っており10%を引くと復活します
転落フローとしては転落するリプレイを引いた時の80%を引く→10%の復活抽選に漏れる
なので意外と粘ってくれたりします

復活した場合ですが倍々チャンスのテーブルが再抽選され保証Gも復活します
枚数と倍率はそのままで保証Gが貰えるので伸ばす大チャンスとなります

そしてこの倍々チャンスで重要になってくるのがキャラ保留の存在です
キャラ保留は全部で3種類存在し

・暦
・ヒロイン
・忍

が存在するのですが、暦以外の保留は基本的には出ません
ヒロイン・忍に関しては通常抽選での出現率はかなり抑えられており
倍々当選時は98%でモードAorBが選ばれるのですが
モードAB時のヒロイン保留出現率は0.3%、忍保留に至っては0.07%です
ヒロイン保留は1/333なのでたまーに拝めるのですが、忍保留はまぁ出ませんねw

さて、この暦保留ですが
4種類の変換振り分けが存在します

・枚数アップ
・現在の倍率が2倍
・保留強化
・保留が全て忍になる

これだけ見ると夢がある内容に見えますが
基本的には枚数アップが選ばれます
選択率としては暦保留の獲得時の91%で枚数アップが選ばれます
枚数も1枚~3枚の加算が行われるのですがほぼ1枚の加算となります

キャラ保留獲得時の辛い所は、序盤のバリューが非常に低いです
例えば、倍々チャンスは初期5枚と2倍からスタートしますが
仮に転落までに暦保留を2個取れたとします
ほぼほぼ枚数加算1枚が選ばれますので
こうなると7枚×2倍
14枚です

こうなってくると最低保留の2倍を2回取れた方が5枚×6倍で30枚乗るのでこちらの方が嬉しいくらいです

基本的にキャラ保留を取れたとしてもハズレで終わってしまうのですが
獲得時の5%程で現在の倍率を2倍にする効果が発動します
化物語を壊すにはこれを引けるかどうかが鍵となります

この2倍要素が強い理由の1つが倍率が育っているほど効果が跳ね上がると言う事でしょう
初期の5枚×2倍で2倍になった所で5枚×4倍ですが
10枚×100倍まで育っていると10枚×200倍になるので
1000枚→2000枚です
ここから更に2倍を引く事が出来れば4000枚になります
化物語ではこの2倍をスキルで狙ってカンストを狙います

とは言え、5%とか狙うの無理じゃないの?と思われるかもしれません
今までの話は倍々チャンスの話になります
倍々チャンスには更に上の超倍々チャンスが存在します

超倍々チャンス解説

倍々チャンス中のレア小役の一部で超倍々チャンスに昇格します
現実的な話をすると強チェやチャンス目を引いても昇格率は3%程
昇格させるのはかなり厳しいのですが、中段チェリーや強3枚ベルの場合は100%昇格します

中段チェリーの確率は1/65536
この確率の小役を倍々チャンス中に引けと考えると無茶な話なのですが、そこはスキルを好きなタイミングで使える777realならではの特権だと思います

超倍々チャンスのメインルートとしては滑りチャンス目での突入が一番多いです
と言うかコイツ以外ではほぼ入りませんね

基本的に化物語はスイカとベル以外は全てリプレイとなっています
(中段チェリーも内部的にはスイカ)

弱チェ、強チェ、チャンス目、滑りチャンス目、上段ベル
これらは全てリプレイです
そして逆押し怪異図柄と同時成立しています

各々、怪異図柄個数は違うのですが、この中だと滑りチャンス目は逆押し怪異図柄揃いと同時成立しており、内部状態に応じて逆押しナビが出るかどうかの抽選が行われます
倍々チャンス中の場合は確か50%だったかな・・・?ニブイチで逆押しナビが選ばれた筈です
逆押しで怪異が揃った時の20%で超倍々チャンスに昇格しますので、滑りチャンス目確率が1/160くらい
1/160を引いた時の1/2で逆押し怪異図柄揃いに変換されてその際の20%で超倍々チャンスに当選と言う事を考えると1/1600くらいですかね・・・?

5-7G間続く超倍々チャンスですが
倍々チャンスと比べるとかなり優遇されています
先ず1番強いのが保留の獲得率が超アップします

ざっくりですが獲得率はこんな感じです

最低でも70%
ベルリプ以上だと8割以上で獲得できます

そして、保留獲得時の枚数加算抽選がかなり優遇されます
通常の倍々だとレア役以外だとほぼ加算抽選は行われませんが
超倍々中だと保留獲得時の60%程で枚数加算が行われます
振り分けも8割が1枚、2割で2枚と5G間全て乗れば6枚近く乗せれます

そして、ここが一番の重要ポイントですが
キャラアイコン獲得時の変換振り分けがかなり優遇されます

倍々中ですと90%が枚数加算のみですが
超倍々は75%で枚数加算のみ以外が選択されます
ここで狙いたいの現在の倍率を2倍にする効果で
超倍々中ですと40%程で選択されます

この2倍狙いでスキルを使うのが化物語カンスト打法となります

実際の手順の解説

ここまではに知っていると楽しめると言った感じですので別に覚えなくても大丈夫です
ここから割と重要ポイントの話をします

先ず、スキルを使うタイミングですが
BIGを引いたらスキル連打すればいいギアスと比べると化物語は下準備が必要となります
単純に倍々チャンスに入ったら中段チェリーを連打すれば良い訳ではありません

スキルを使うタイミングとしては遅ければ遅い程良いのですが
我慢しすぎて転落しては元も子もないです
どこでスタートするかは保有ヴァルスと相談になるのですが

自分の場合は倍率が50倍↑ 且つ保留に暦保留が1-2個ある時をオススメします
また倍々チャンスは当選時の5%で10枚スタートが選ばれますので、この際は倍率が低めスタートでも良いと思います

超倍々の爆死パターンとしては暦保留が出ない事です
暦保留の出現率は17%
保留の獲得確率が平均で80%
獲得時の倍率が2倍になる確率が40%

これを合算すると超倍々に2倍になる確率は約1/18となります

この数値だけ見ると いやキツくね?と思いますよね

実際にはこの数値よりもう少し高くなります
変換振り分けは2倍と同じ振り分け確率で保留の倍率が変化するのですが
この変化振り分けを獲得した際に保留に暦保留があった場合
ヒロインor忍保留に変換されます

ヒロイン保留の場合は倍率が2倍になる確率が65%まで跳ね上がりますし
忍保留に関しては獲得した時点で
枚数加算+倍率2倍+保留倍率変化が確定します
仮に暦保留が2個ある状態で保留倍率変化のパターンを引いた場合は最低でもヒロイン保留が2個以上になります
と言う訳で実際には倍率2倍を獲得できる確率は1/18より上と言う事になりますね

スキルを使う際の注意点

使うスキルは効果は同じなのでどちらでも大丈夫です
カスタムパック購入時だと20%OFFが適応されますので1864ヴァルスとなります

使うタイミングは

自分の場合は倍率が50倍↑ 且つ保留に暦保留が1-2個ある時をオススメします
また倍々チャンスは当選時の5%で10枚スタートが選ばれますので、この際は倍率が低めスタートでも良いと思います

これで大丈夫なのですが
問題は継続して使う時に注意が必要と言う事です

中段チェリーor強3枚ベル成立時は
超倍々チャンス6Gor7Gなのですが
振り分けとしては1:1です

となると、超倍々が終了してから再度使えばいいと考えると思うのですが
これは正解であり間違いでもあります

ちょっと横道に逸れますが、化物語のBETの話をします
化物語にはBETが効く小役と効かない小役が存在します
獲得時にメダルの増加が発生する小役は全てBETボタンが効きます
3枚ベル、10枚ベル、スイカ等ですね

で、次にリプレイ役なのですが
これはBETが効くリプレイと効かないリプレイが存在します

BETが効くリプレイは
ベルリプレイ、チャンス目、逆押し怪異(全種類)

BETが効かないリプレイは
リプ・リプ・リプのリプレイ揃いです

これの何が問題かと言うと
超倍々チャンスの転落告知はBETボタンなんですよ
例えば、中段チェリーで保証6Gを獲得していた場合、6G目の第三停止でBETを押すと転落演出が発生して倍々チャンスに戻ります
が、6G目にリプレイを引いていた場合はBETが効きませんのでレバーオンでの転落演出となります

ここで問題がありまして保証6Gの場合は次のGから倍々チャンスが終了する可能性があると言う事です
リプレイの場合はレバーオンで超倍々転落演出が発生するのですが、既に内部的には倍々チャンスの為、ここで転落リプレイを引いて回避できていない場合倍々チャンス自体が終了する可能性があります

例えば、中段チェリーをスキルで3回発動させて
15枚×400倍くらいまで育てたとしましょう
後1回2倍取れれば12000枚になるのでカンストいけそうだなぁ・・・って時に
保証ゲームの最終Gにリプレイを引いてしまい、見た目は超倍々なのでそのままレバーオンします
ここで終わる可能性があるんですよ

ですので、6G目にリプレイを引いてしまった場合は
必ずそのGでスキルを発動させて下さい
一番やってはいけないのは中途半端な5000~7000枚とかで終わる事です

次に、重ね掛けと中段チェリー以外のスキルの説明になります

超倍々の保証ゲーム数ですが、加算式です
保証内でも中段チェリーを使えば6or7Gが追加で加算されます

超倍々中は保留獲得自体が一番期待できないリプレイでも70%で取れるので、
超倍々中に中段チェリーを引いてしまうと1Gを中段チェリーで消費してしまいます
となると、出来る事なら超倍々が終了してから使うのがベストタイミングなのですが
超倍々の暦保留に関しては絶対に獲得したい保留なんですよね
って事で超倍々の保証ゲーム数が残っている状態でも暦保留がある場合はここで中段チェリーを使ってしまうのもアリです
ただ、2回打ってしまうと保証ゲーム数が12Gor13Gor14Gのどれかになりますので
12G以降にリプレイを引いてしまうと転落回避の為にスキルを早打ちしなければならなくなります
この辺は状況に応じて使い分けて下さい

また、保留倍率変化のパターンを引いてヒロインor忍保留が出現した場合
こちらに関しては確実に取りたい保留の為
一番安い「ー怪異ー」のスキルを使うのもアリです
ヒロインor忍保留に関しては絶対に獲得して下さい

25枚×308倍
ヒロイン保留が2個見えているので、こういう状況だと2個取れればほぼカンストできます
27枚×1200倍で32400枚ですね

化物語の純増は2.7枚
100G前後で倍々チャンスのリセマラをしたと仮定すると9800G程が残り猶予Gになります
9800×2.7枚で26460枚
これが大体獲得できる上限枚数です

化物語は残り枚数の半分くらいが獲得できると言われていますので
例えば残り5000枚だと7500枚前後
残り10000枚だと15000枚くらいです

以上の事からカンストの26500枚を目指す場合は16000-17000枚の獲得を目指したいです
超倍々で枚数は20枚前後まで増えると思いますので、倍率だけで言うと700-800倍前後ですね
この辺りまでいけば大体カンストできると思います

1回のプレイでのスキル使用回数は試行回数が20回程
倍率50倍↑スタートで最低が2回の平均使用回数が4.5回くらいです
ちなみに暦保留が全く引けなくて大爆死した事も1度ありますので失敗する可能性もあると言う事を念頭にれておいて下さい

現在の中段チェリーの使用コストは1864ヴァルス

2回だと3728
3回だと5592
4回だと7456
5回だと9320
6回だと11184

余裕を持って13000ヴァルスくらいは持って挑戦したい所です

全体系のイベントや化物語のイベントの開催時はカンストしても1位を取れない可能性はありますが
それ以外の時は大体一撃ランキングで1位が取れます
化物語単体イベントだと1回カンストするだけでとりあえず500位には入れると思うんでぶっぱするのもアリかもしれません

獲得PGが260-270万
イベント非開催時だと一撃ランキングのチケットがほぼ10枚貰えるので
スキル3回以内に収まればギリギリペイラインまで持っていけますね

オマケ 変則回胴停止の話

完全にオマケの話なんでスルーして貰っても大丈夫です
って事で解析サイトとか見ても恐らくは乗っていない話です

自分は化物語はホールで滅茶苦茶打った機種なのですが

これだけ打つと流石に演出にも詳しくなります

そんな化物語で好きな演出の1つが【変則回胴停止】と呼ばれる演出で
通常のレア役の一部で当選して18Gor37Gの前兆後に発動します
内部的にフリーズ抽選の予約をしていて当該ゲームでフリーズが発生しています

当選パターンは全3種類あり

1.18G後に【怪異・黒・怪異】停止
2.18G後に解呪の儀が発動、37G後に【赤青赤】が中段に揃う
3.18G後に【怪異・黒・怪異】停止後37G後に【赤青赤】が中段に揃う

の3パターンです

また各種恩恵がありまして【怪異・黒・怪異】停止の場合は解呪の儀が+1セット
【赤青赤】の場合はATが”ほぼ”2セット貰えます
出現率は1のパターンが一番多く、2と3はATも確定するので結構レアです

変則回胴停止は見抜くのが非常に難しく
左ボタンを押すと突然右リールに怪異が停止して「ペナったのか?」となるびっくり演出ですが
慣れてくると意外と見抜ける様になります

先ず、2のパターンですが
弱チェから当選した場合は100%見抜けます
と言うのも弱チェは直撃抽選しか行っていませんので、弱チェしか引いていないにも関わらず解呪の儀が当選した時点で変則回胴停止確定になります
また、化物語の前兆はプレ前兆1~3と本前兆に別れており、プレ前兆を挟んでから本前兆に行きますのでチャンス目を引いた3G目に解呪突入はあり得ないので、打ちなれてくると100%ガセの前兆演出も見抜けます

また2と3のパターンですが
内部的に【赤青赤】が揃うフリーズ演出を予約している状態です
この状態はかなり特殊で、
継続ジャッジ最終Gにフリーズが発生する仕様上、途中発展のパターンは恐らく発生しません
内部的に途中発展のパターンを引いたとしても躱す筈です
この時に注目したいのがハズレ目・リプレイ・ベルリプレイ時の演出です

化物語の解呪の儀は内部的にATが当選していると熱めの演出が出やすくなっています
例を出すと、ひたぎだと第三停止コップに蟹、撫子だとライトアップが多めとかですね
するがだと第三停止で露骨に「熱熱熱熱熱熱」とか出てくるので解りやすいと思いますw

この時は大体変則回胴停止に当選している可能性が高くなります
怪異図柄を引いていなかったり、一番期待できない中怪異しか引いていないにも関わらず熱めの煽りが来るとチャンスと言う事です

って事でこの時のオススメとしてはジャッジの最終Gに下段赤7ビタです
当選時はなんと19コマ滑ってきます
3リールで合計57コマ滑りとキングキャメルもビックリな滑り演出を見る事が出来ます

この【赤青赤】の変則回胴停止に関してはそれなりに打ち込めば結構見抜ける事も多いです
発動するタイミングが限られていますし
そもそも、【怪異・黒・怪異】停止時の1/4で【赤青赤】も同時当選しています
逆に【怪異・黒・怪異】の前兆を見抜くのはかなり厳しくなっています

化物語の前兆はこの時期の機種の中ではかなり特殊で
プレ前兆と言うものを採用しています
近い機種だとエンターライズのバイオハザード5とかでしょうか?

プレ前兆と本前兆が合わさる事で前兆が解り辛く
また、ガセプレ前兆パターンを連続して退く事で前兆が無駄に50Gとか伸びたりするので
「えっ?まだ解呪連残ってたの?」となった事を経験した人も多い筈です

前兆システムの仕組み自体は同じなのですが

・解呪連滞在時
・解呪初当たり時

で発生した前兆によって解呪連滞在が確定するパターンや、解呪当選が確定するパターン等が存在します
一番解りやすい演出としては、強チェ・チャンス目を引いた際に出る背景の「怪異」文字です

パターンとしては、小・中・大が存在し
中のパターンで解呪にそこそこ期待できる存在で
大が発生時はプレ前兆3以上が確定します
プレ前兆3は滞在している時点で解呪連が確定する状態です

ここで1つ注意が必要なのが
解呪連確定=解呪が出てくるとは限らないと言う事です
あくまで”解呪連”に滞在しているのが確定する状況なだけでそのまま転落する可能性も充分あります

が、解呪に当選していない謂わば真っ新な状態の場合は話が変わります
解呪に当選していない=解呪連もクソもありませんので
解呪連滞在が確定=本前兆確定のパターンになります
つまり、チャンス目や強チェを引いて怪異文字大が出た時点で解呪の儀が確定となるのです

今回の本題としては
解呪連モードに非滞在かつレア小役を引いた時の話になります

化物語は解呪に期待できる演出が何種類か存在するのですが
自分が覚えている中で解呪連モード非滞在時且つレア役での前兆時の演出の期待度としては

・怪異文字大…期待度100%
・人物紹介「キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード」…期待度100%
・ウィンドウ演出+非レア役…期待度100%

上記3種類は発生時点で解呪の儀”以上”が確定となります
ただ、777realでは容量の関係かウィンドウ演出に関しては恐らく削除されています

・螺旋階段演出+非レア役+第三停止でひたぎ連続演出非発生・・・期待度97%
・フラッシュバック演出「忍」発生・・・期待度98%

上記の演出は内部的に解呪の儀が濃厚となる演出です
そして、変則回胴停止当選時に上記の演出が非常に選ばれやすいのです

変則回胴停止の特徴として
発動時の1-2G前は演出がほぼ発生しないパターンが多いと言う特徴があります
例えばチャンス目を引いて18Gの変則回胴停止に当選したパターンだと
1~15Gは煽りまくったのに16G目で急にスン・・・となって17G目は完全無演出
18G目に左ボタンを押すと右から止まってビックリすると言う奴ですね

・怪異文字大…期待度100%
・人物紹介「キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード」…期待度100%
・ウィンドウ演出+非レア役…期待度100%

これは経験上の話ですが
この3つの演出が発生したにも関わらず、画面から怪異煽りの文字が消えた場合ですが
実践上100%に近い確率で変則回胴停止が発生しています
777realだとウィンドウ演出は無いので一番解りやすいのは怪異文字大ですね

螺旋階段演出に関してはレア役対応の演出で
前兆時はリプレイやベルリプレイでも発生します
前兆時でレア役以外が成立した場合は大抵第三停止でひたぎが出てきて連続演出に発展するのですが
白い羽や黄色い羽が舞って連続演出に行かないパターンがあり、これがクソ熱い演出となります
体感ですが50回に1回くらいガセる感じでガセパターンも3回くらいしか見た記憶が無いんですよね
こちらも急に静かになると変則回胴停止に当選しているか、レアなガセパターンを掴まされているかに期待できる演出の1つとなります

また、特殊パターンの1つとして
解呪の儀に変則回胴停止のフリーズフラグを持ち越さない仕様になっていると思われますので
内部的に解呪の儀の本前兆時に変則回胴停止のフラグに当選した場合は後者が優先されます

解りやすい例で言うと学習塾跡の演出で期待度の高い忍野メメが「来る」「来る」連呼する奴ですね
1来るだとガセますが、第三停止来るが2回発生すると大抵当選しているパターンが多い演出の1つですが、この前兆時にレア役+変則回胴停止のフラグに当選すると急に静かになります
これも慣れてくるとあからさまなので解りやすいですねw

変則回胴停止のちょっとしたエピソードもあるのですが、ついでなので語っておきます

その日はパチ屋のイベント日で友人と打ちに行った日でした
2人とも番号がそこまで良くなかったので並んで化物語を打つ事になりました
友人は化物語はちょろっと触った程度です

打ち出してしばらく経ってからの事です
友人がチャンス目を引いて前兆に入りました
その前兆中にウィンドウ演出+リプレイだったのでこの時点で解呪の儀が濃厚
が、背景の怪異文字が消えました

この時点でほぼ100%に近い確率で変則回胴停止が内部的に成立しています
また、経験上怪異文字が消えた次のGで発動する事は無く、大体消えてから演出が静かになり3G程で発動します
レア小役を引いた時からG数をカウントすれば発動するタイミングを確実に見抜けますが、カウントしなくても誤差1G前後で大体解るようにはなります
って事で友人に声を掛けます

きのこ「それ、次のGかな。ボタン押したら右から止まるよ」

恐らくはタイミングとして発動するなら次のGが濃厚だと思い声を掛けます
友人は「何言ってんだこいつ?」みたいな感じで見てきますが
ボタンを押すと右からリールが停止します

「何言ってんだこいつ?」みたいな顔から「なんだこいつ?」みたいな顔になった瞬間でした

と言う訳で完全にオマケの話でした

知らなくてもいいけど知ってる方が楽しめる話


完全にオマケのオマケです

倍々チャンスの制御の話


倍々チャンスって実は内部的に2段階に分かれています
倍々チャンス開始時からリプレイ成立までと
リプレイ成立から転落リプレイ成立までの2段階です

リプレイ成立までを状態A
リプレイ成立から転落リプレイ成立までを状態Bと仮定しましょうか

先ず、状態Aですが
内部的な状態としてはAT中と同じになります
で、覚えておくと楽しいのが
リプレイは中ナビでしか発生しないと言う事です

これが割と重要でして
中ナビの場合はリプレイ/3枚ベル/10枚ベルの何れかが成立しています
リプレイ成立時の保留獲得は6%程なので
期待度の高い演出が発生するとリプレイの可能性がグッと下がります
阿良々木君のねんどろいど演出は保留獲得確定の演出なので熱いですね
まぁ、リプレイで保留取れた可能性もありますw

で、ゲキアツなのが右ナビです
この際はリプレイの可能性は0となります
倍々チャンスの保証Gはリプレイ成立後からカウントしますので
右ナビが出続ける限り保証G数は減りません

次の制御の話ですが
リプレイ成立までは怪異図柄は出ない仕様になっています
怪異図柄はリプレイ/ベルリプレイ/弱チェ/強チェ/チャンス目が変換されて
逆押しで出現するのが化物語なのですが
リプレイ/ベルリプレイ成立時は全て中ナビに変換されます
弱チェ/強チェ/チャンス目も変換されないので全て「!!!」で出現します
これの残念な所は滑りチャンス目の存在でしょう
滑りチャンス目の怪異対応役は「怪異怪異怪異」
つまり、怪異揃いで超倍々チャンスに期待できる役なのですが、
変換されない場合はチャンス目としての超倍々チャンス昇格確率が適応されます
つまり3%です

と言う事でリプレイを引くまでの超倍々チャンス当選率は怪異揃いが期待できない以上ガクっと下がる訳なのですが
1つだけ例外があります
そう変則回胴停止です

AT中は大体1%で当選して倍々チャンスが確定の演出ですが
実は倍々チャンス中にも発生する可能性があります
滞在Gとしてはリプレイを引くまでの短いG数ですがこの間に変則回胴停止のフラグを成立させれば
超倍々チャンス昇格確定となります
AT中だと合算で1/2000ちょっとでしょうか?
とは言え、倍々チャンス始まってからの当選が殆どなので
大抵は5枚×2倍とかなんでそんなに大量上乗せには期待できないんですよね・・・

次が状態Bになります
ここからは右ナビであってもリプレイが普通に出てきます
リプレイを引いた時に逆押しナビを出すかどうかが機械が決めているという事ですね
リプレイを引いたGを合わせて4G間は保証されています
ここからは逆押しナビの発生率が上がります
一番期待できるのはやはり滑りチャンス目で変換率は50%
変換された時点で逆押し「怪異怪異怪異」が確定します
エクストラサービス+20%で超倍々チャンスに昇格します

さて、超倍々チャンスですが
昇格時に必ず伴う演出があります
それがデカプッシュ+枚数乗せの演出です
デカプッシュが出たからと言って必ず超倍々チャンスに入る訳では無いのですが
デカプッシュが出ない時点で超倍々チャンスには絶対入りません
「怪異怪異怪異」時の2回に1回にデカプッシュが出てきてその内の2回に1回が超倍々チャンスに入る感じですかね・・・?

そして隠れた期待できる演出があります
基本的には左ナビが発生した時点で倍々チャンス中はほぼ期待できません
成立している可能性のある小役はリプレイorベルリプレイなのですが
リプレイだと6% ベルリプレイでも25%程の獲得率しかありません
と言う訳で左ナビが出た時点で残念パターンなのですが
左ナビ+強演出の時は話が変わります

化物語の重めのレア小役として
強10枚ベル(1/1300)
強3枚ベル(1/8000)
があるのですが

AT中だと基本的には「!!!」か「???」で告知されるのですが
倍々チャンスは左ナビでほぼ告知されます
強10枚ベルだと超倍々チャンス当選率は25%
強3枚ベルだと超倍々チャンス確定です
殆ど保留獲得が期待できない左ナビで保留獲得確定の阿良々木・・・?
妙だな?

まぁ大抵リプレイなんですけどねw

AT中の前兆の話

AT中の倍々チャンス/ボーナス当選の流れですが
レア小役or怪異図柄成立→倍々チャンス/ボーナスの当選の抽選
→前兆G数決定
と言う流れになっています

最大ゲーム数は失念したのですが
ボーナス成立時の方が倍々チャンスよりも1G程長かった気がします
流石にそこまでは思い出せませんでしたw

って事で前兆の話なのですが
基本的にはチャンス目とかを引くと2-3G煽って連続演出に行くのが基本パターンなのですが
前兆は0Gが選ばれるパターンがあります

レア小役経由だと演出パターンはほぼ決まっていて
キャラとヒロインが両端で対面している演出が一番選ばれやすいです
と言うかまぁほぼこれが選ばれますね

次に怪異図柄ですが
「怪異怪異怪異」は前兆0G確定です
AT中の「怪異怪異怪異」は内部的に超高確じゃないとほぼ出現しない仕様なので
「怪異怪異怪異」が出た時点で超高確の期待も上がります
(※例外として本前兆中はストックに回ります)

次が「-怪異怪異」と「怪異怪異-」のパターンです
この二つはモードが最低の状態だったとしても
「-怪異怪異」は期待度20%
「怪異怪異-」は期待度25%
ある小役なのですが

演出パターンとしては通常の逆押しナビのパターンとヒロインカットインパターンがあるのですが
なんと、ヒロインカットイン+「-怪異怪異」or「怪異怪異-」の時の倍々チャンスの期待度が50%あります
恐らくですが、AT中の確定を除く演出で一番熱い演出だと思います
これは逆押し怪異ナビ+倍々チャンス当選+前兆0Gが選ばれた時のパターンでしか出現しないのですが
前兆0G+逆押し怪異ナビの演出でカットインを伴わない場合は倍々チャンスに直行する演出が殆ど選ばれないから
だと思います
「-怪異-」と「怪異--」は例外となります
「怪異--」はナビの中でも30%と一番期待度の高い小役なんですが、特に強くは無いんですよね・・・

って事でヒロインカットイン+ナビ演出が出た時に右に怪異が停止した時点で
期待度50%あるんですよね
(「怪異怪異怪異」の可能性もあるので実際はもうちょっと高い)

ホールで打ってる時だと
倍々チャンスの期待度が50%な訳ですからPUSHボタンにも力が入った瞬間でした

また何か思いついたら更新します
下手すると化物語だけでこのすばクラスの記事を一本書けそうなんですよね・・・

さいごに

今回は777real記事でQ&A記事を作成したのですが
本来は項目としては5個くらい用意していたんですよねw
化物語の次に金太郎とかも多かったのでその辺を纏めてQ&A記事として投稿する予定だったのですが
まさかの1個目の化物語だけで10000文字を超えてしまったのでこれはまずいな?となりシリーズ化する事にしました
また記事のネタが無い時に気が向いたらQ&Aシリーズとして投稿していこうと思っていますのでよろしくお願いします

777realに関しては解らない事等ありましたら、お気軽に質問してください
サミー以外の機種に関しては全然ですが、サミー機種に関しては自信はあります

また、今回は自分の好きだった化物語を思い返しながら書いたのですが
やはり化物語は名機だったなぁとしみじみとした気持ちになりましたね

最近はサミーはリバイバルブームと言う事でクラシックシリーズをリリースしていますが
パチンコの方では化物語のクラシックをリリースしたのでその内パチスロの方もどうでしょうか?

少し前にサミーで開催されていたクラシック総選挙ですが


化物語は5位なんですよね

1位のエウレカと4位のハドボは既に登場しています
2位の桃鉄と3位のダーマンは版権的にちょっと厳しそうなので次があるとしたら化物語の可能性は高そうですがどうでしょうか?
ただ、メダル機のリリースはガメラ2が最後なのでクラシックシリーズ自体が終わった可能性もありそうですがw

そんな訳でまた次回の777real記事でお会いしましょう

ゲームブログ人気ランキングに参加しています

良ければ応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました